ひなた整骨整体院よりお知らせInformation

2018.03.1

腰痛と食時との関係

 

3月に入り、ここ南河内では少し寒さがましになった気がします。

しかし患者様との、お話の中ではお水取りが終わるまでは

まだわからへんで~とお聞きします。

お水取りとは、奈良の東大寺の年中行事で

およそ3月13日頃までを言うみたいですね^^

このことからも、まだ寒さも続きそうで風邪にもまだまだ気をつけないといけません。

風邪など体調がすぐれないときは消化のいいものを食べたりするのがお勧めです。

これは内臓への負担を減らして、身体への免疫系の方にエネルギーを使うようにしてもらう為でもあります

食べたものを消化するにはエネルギーを使います。

この消化する際のエネルギーを過剰に使用されていると、回復や免疫系の方にエネルギーが

上手く回らずに腰痛などの身体の悪い部分を治す力(治癒力)が上手に働かなくなります。

なかなか改善されずに腰痛でお悩みの方は、消化のいいものを食べ、甘いものや香辛料などの刺激物、揚げ物などは控え食生活を見直してみてもいいのではないでしょうか^^

次回は内臓と腰痛の関係をもう少し詳しく掲載していきたいと思います。

 


LINE@にて

腰痛・ヘルニア・坐骨神経痛等のご相談・施術で空き状況や予約まで行えます。

またお一人お一人の身体の状態に合わせて施術後のセルフエクササイズの動画も送らせていただきます。

※LINE@でのトーク(メッセージ)を送った内容は他の方に見られることはなく、もちろん誰が登録しているかも表示なく安心です。

LINEでのお友達と同じ感覚でのトークのやりとりが当院と可能になります。

ご予約・お問い合わせ・ご相談などLINE@のトークからお気軽にしてみて下さいね^^

 

友だち追加

LINE@会員さん限定のお得な情報もお届けしています。

>>お身体の症状等無料相談窓口はこちらです。