ひなた整骨整体院よりお知らせInformation

2018.05.29

片方のお尻・太ももの外側から足の痛みや痺れ

当院で坐骨神経痛で来院される方の症状の一つに

右・左での片方のお尻~太ももの外側から足の痛みや痺れを訴え来院される方がいます。

このような坐骨神経痛の原因としては

体の荷重が外側にかかり足の親指(母子球)側に上手く重心がのせれていないことでのトラブルが多いです。

本来人間は立っている時には太ももの骨から膝下の太い骨に荷重がかかり足の親指(母子球)に重心がかかり

また歩行の際には前の足が踵から足の小指から親指とゆう流れで歩くのですが

上記のの症状がある方の多くが立っているときにはひざ下の細い骨に荷重がかかり足の小指側に重心がかかり

歩行では前の足が踵から足の小指側のままで蹴り出している傾向があります。

これらを踏まえ右・左での片方のお尻~太ももの外側から足の痛みや痺れを

訴える方の場合、立っている状態や歩行での動きを見極め、過剰に使われている筋や関節の機能

またその筋や関節が低下している機能を回復させ自然に膝下の太い骨から足の親指側に

重心がのせれるようになり体の連動性が高めれる調整(MACT)有効となります。

>>MACTとは・・・

___________________________________________________

LINE@にて

腰痛・ヘルニア・坐骨神経痛等のご相談・施術で空き状況や予約まで行えます。

またお一人お一人の身体の状態に合わせて施術後のセルフエクササイズの動画も送らせていただきます。

※LINE@でのトーク(メッセージ)を送った内容は他の方に見られることはなく、もちろん誰が登録しているかも表示なく安心です。

LINEでのお友達と同じ感覚でのトークのやりとりが当院と可能になります。

ご予約・お問い合わせ・ご相談などLINE@のトークからお気軽にしてみて下さいね^^

 

友だち追加

LINE@会員さん限定のお得な情報もお届けしています。

>>お身体の症状等無料相談窓口