ひなた整骨整体院よりお知らせInformation

2018.08.3

腰痛とコルセットの関係性

腰痛とコルセットの関係性とは・・・

1年ほど前にぎっくり腰になってから病院でもらったコルセットを仕事がら重たい物を持つので

腰痛の予防がてらにもずっと巻いていました。

3日程前にコルセットを装着せず仕事に出かけ、いつも持てていた仕事の荷物を持ち上げれない状態になっていました。

ぎっくり腰になる前は普通に持ち運べていた荷物が持ち上げれず、無理に持ち上げようとすると腰に怖さを感じます・・・

腰痛があるのでこのままコルセットを巻いている方がいいのでしょうか・・・?

当院に実際にあった質問です。

結論から言うとコルセットをこのまま巻き続けないほうがいいです。

確かに急な腰の痛みやぎっくり腰などの強い痛みがある場合は一時的にコルセットで腰の安定をはかることこで効果もあります。

しかしこれはコルセットにより腹圧を高めさせて腰を安定させているだけで、急な腰の痛みが軽くなるにつれて

なるべく早期にコルセットを巻くことを卒業しないといけません。

上記の質問された方はコルセットに頼った日々の生活で本来備わっていた腰を安定させ身体を支えたり動作に重要な筋肉が弱ってしまったと思われます。

何か月も何年もまた予防にと腰痛にコルセットを巻き続けていると腰痛はさらに治りにくい状態へとなり

腰痛への解消から遠のき慢性腰痛となる原因にもなりかねません。

このことを踏まえ、腰痛にコルセットの常用は可能な限り止めていただいています。

ですが急にコルセットを外すのが不安という方には、徐々にでも外せるように

腰の状態を整え、あなたの腰痛の状態にあった日々のケアをお伝えしながら施術をすすめていきますので、ご安心ください。

※腰への手術後や骨折がある場合はこの限りではありませんので医師の指示に従いましょう


LINE@にて

腰痛・ヘルニア・坐骨神経痛等のご相談・施術で空き状況や予約まで行えます。

またお一人お一人の身体の状態に合わせて施術後のセルフエクササイズの動画も送らせていただきます。

※LINE@でのトーク(メッセージ)を送った内容は他の方に見られることはなく、もちろん誰が登録しているかも表示なく安心です。

LINEでのお友達と同じ感覚でのトークのやりとりが当院と可能になります。

ご予約・お問い合わせ・ご相談などLINE@のトークからお気軽にしてみて下さいね^^

 

友だち追加

LINE@会員さん限定のお得な情報もお届けしています。

>>お身体の症状等無料相談窓口