ひなた整骨整体院よりお知らせInformation

2020.06.14

坐骨神経痛があり、車を運転する時のアクセルとブレーキの踏み方

坐骨神経痛がり、右のお尻から右足にかけて痛み痺れています。

車を運転する時のアクセルとブレーキの時にも、痛みや痺れが強くなり日常生活上車をどうしても運転しないといけません。

このような時アクセルやブレーキの踏み方で、楽に踏める方法やアドバイスなどあれば教えて下さい。

実際に当院で坐骨神経痛でお悩みになられて来院された方の相談です。

この方の場合は、アクセルを踏む時には

アクセルはの位置に右足が真っすぐに踏むポジションであり、そこからブレーキを踏む時に画像のように

アクセルを踏むポジションのまま、右つま先をブレーキの方へ捻るようにしていると

坐骨神経痛の痛みや痺れの症状を助長させてしまうポジションになるので

ブレーキを踏む時にもブレーキのペダルに右足が真っすぐ踏み込めるように

少し膝と股関節を曲げて足をブレーキのペダルの方に右足が真っすぐになるように

置き換えて、踏み込んでもらえるようにすると楽にブレーキを踏みこめるようになりました。

以外に文章にするとややこしいですね・・・

※ポイントとしては右足首だけで内につま先を捻るような動作ではなく

少し右膝と右股関節を曲げてアクセルからブレーキを踏み変える時は足全体真っすぐ踏み込むポジション

 

基本的にその坐骨神経痛は右側での症状で

さらに、右のお尻の筋肉の緊張で起こっているものであることが前提条件であり、坐骨神経痛の全ての方に当てはまるものではありません。

上記の事で当てはまり、車の運転中アクセルやブレーキを踏み込む時にお辛い症状でお悩みになられているのであれば試してみてもいいかもしれません。(まず、試す時は車のエンジンがかかっていない状態で!

車の運転は、突発的なブレーキを踏む瞬間などもあるでしょうし、今までの車を運転する時のクセもあるので、1番は事故を起こさないようにです!

事故を起こしてしまうと、もともこもありません。

くれぐれも注意してくださいね。

当院では無料相談窓口も設けておりますので、よろしければご相談下さい。

電話TEL:0721-29-7666

>>お身体の症状・状態などのメール相談窓口

慢性腰痛の症状は痛み止めの薬やシップなどでは根本的な改善や症状の解消はいたしません
坐骨神経痛チェック!

坐骨神経痛のある方に気をつけて頂きたいことがあります。

坐骨神経痛が悪化し薬も効かないようになってしまった方を当院でも多くお診受けます。

そこまで坐骨神経痛が悪化してくると様々な日常生活への支障をきたすことになります。

・普通に歩けない

・家事や仕事ができない

・熟睡できない

このように困り果てないうちに、痛み止めの薬やシップで様子をみるのではなく、早めの対処をする事がとても大切です。

>>坐骨神経痛や腰痛・ヘルニアで治療院を探すのにお困りでしたら治療院を選ぶ基準にもなると思いますのでこちらも
是非一度お読みください。

『一生続くの・・・?』と不安でつらい坐骨神経痛を我慢していませんか?
坐骨神経痛が治らないのは実はある特徴があります!

・坐骨神経痛とは

・坐骨神経痛の症状

・坐骨神経痛の原因

なぜあなたの坐骨神経痛は改善しないのか・・・?

>>もしあなたが根本的な坐骨神経痛の改善を望むなら、まずは坐骨神経痛の事を詳しく知る必要がります。

 

LINEでの情報発信を始めています!
腰痛・ヘルニア・坐骨神経痛等のご相談・施術で空き状況や予約まで行えます。

またお一人お一人の身体の状態に合わせて施術後のセルフエクササイズの動画も送らせていただきます。
※LINEでのトーク(メッセージ)を送った内容は他の方に見られることはなく、もちろん誰が登録しているかも表示なく安心です。


LINEでのお友達と同じ感覚でのトークのやりとりが当院と可能になります。

ご予約・お問い合わせ・ご相談などLINEのトークからお気軽にしてみて下さいね音譜

友だち追加
LINE会員さん限定のお得な情報をお届け音譜
QRコード